食べ歩き関西ブログ

食べ歩き、大阪、京都、兵庫、奈良、関西、東京、全国、おすすめブログ

��������眼��鐚� 千葉

道の駅に店舗がある。ランチ時は行列ができている。

「すき焼割烹 日山」の牛肉を使った「真・ビンゴバーガー」。めちゃめちゃ肉々しい。噛んだ瞬間肉の旨味が口の中に広がる。

https://www.bosolife.com/
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12003706/

DSC_0152 館山

DSC_0151 館山

DSC_0155 館山

崖の上のカフェ。崩落!!!危険!!て笑

カフェの席からは海が見渡せる。多くの貨物船などが目の前を行き来している。

いつもとは違うゆっくりとした時の流れを感じる。

https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12004072/

DSC_0148 富津

DSC_0145 富津

DSC_0142 富津

車が必要。でも車に乗ってでも行きたい。

いかにも辛そう、食べたらホンマに辛い。でもスープおいしい。

汗だくでフィニッシュ。

https://tabelog.com/chiba/A1207/A120701/12031098/

DSC_0203 勝浦

DSC_0204 勝浦

富津のチョー行列店。お昼前に到着、名前を書いて1時間ばかし時間をつぶす。

このアジフライのビジュアル。分厚い身の鯵。マジで美味しい。

http://sasukeshokudou.com/
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12014064/

DSC_0149 富津

DSC_0150 富津

自家焙煎のお店。

珈琲はマジでレベル高い。

このお店の良いところはケーキにも手を抜かないところ。珈琲が良くてもケーキがあれなお店は残念やからねん。

https://www.brazilya.co.jp/
https://twitter.com/BrazilyaCoffee
https://www.facebook.com/brazilyacoffee/
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12006718/

DSC_0141 木更津

DSC_0138 木更津

DSC_0139 木更津

全国から客が来る日本一行きづらいラーメン屋。公共交通はない。車で山を登っていくのみ。正確な場所はナビに乗っていない。そこから2時間、3時間待ちは当たり前。

アリランラーメンという独自のジャンル。千葉3大(?)ラーメン。

ピリ辛だが複雑な旨味があるラーメン。玉ねぎが入っている。豚バラチャーシュー美味しいです。

https://ariranramen.com/
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120601/12004726/

DSC_0211 九十九里

DSC_0213 九十九里

一面見渡す畑の中にある。カーナビでも表示されないお店。ランチを予約。

いきなりフォカチャうめえ。

どれも丁寧に調理されたお皿が続く。

https://ja-jp.facebook.com/lasaletta.shirako/
https://tabelog.com/chiba/A1205/A120504/12037277/

DSC_0218 九十九里

DSC_0220 九十九里

DSC_0224 九十九里

DSC_0225 九十九里

DSC_0227 九十九里

住宅街にひっそりとたたずむ名店。予約して訪問。

房総半島の新鮮な魚を提供してくれる。ここの金目鯛の煮つけの味付けは非常に好きなタイプ。

さっきまで泳いでいた伊勢海老の刺身。

http://kappoh-nakamura.com/
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120701/12007348/

DSC_0205 勝浦

DSC_0206 勝浦

DSC_0207 勝浦

DSC_0208 勝浦

DSC_0209 勝浦

DSC_0210 勝浦

海を見渡せる房総のカフェ。

ブイヤベースは魚介がたっぷり。〆のリゾットもいい。

房総の平飼いで育った鶏の卵を使ったクリームブリュレ。

http://fusabusa.jp/
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120703/12026726/

DSC_0196 鴨川

DSC_0198 鴨川

DSC_0199 鴨川

DSC_0201 鴨川




山芳製菓 ポテトチップス わさビーフ 55g×12袋
山芳製菓 ポテトチップス わさビーフ 55g×12袋

��������������若�吾��������������